魅力1 "横浜市認定歴史的建造物"に指定の本館

開国の地・横浜に海外の貴賓をもてなす迎賓館として誕生。
マッカーサー元帥やチャップリンなど著名人達に愛された、時に磨かれた舞台への招待は、きっと素敵な贈り物。
もてなしを大切にするふたりにお勧めの場所だ。

開業時の姿を保つ館内は、時を重ねたからこその気品溢れる雰囲気。 当時の外車1台分の価値のある調度品も。
洋館にちりばめられた東洋のモチーフが見事に融和する本館ロビー。数々のドラマや映画の舞台にも選ばれた。(右)

開業当時メインダイニングとして世界各国の要人をもてなした歴史ある会場「フェニックスルーム」。 神社などに用いられる「桃山様式」の空間は、海外のゲストに日本という国の文化を強く印象付けたという。

歴史の厚みに一層の輝きを放つレインボーボールルーム。 今ではもう再現ができない芸術的な天井の彫刻は必見。
開業当時は、華やかな社交界の舞台として夜ごと舞踏会が開かれた「レインボーボールルーム」。(右)

1927年12月1日開業し、今年85周年を迎えるクラシックホテル。変わらぬその趣は、時を経て一層の魅力を放つ。
マッカーサー元帥が執務室に使用した「マッカーサーズスイート」。元帥使用の机や椅子が今も当時のまま残る。(左)
かの名優や文豪たちがお忍びで通ったという伝説のバー「シーガーディアン」。今も変わらない時間が流れる。(右)