メディア情報

平成26年(2014)

【テレビ】  『ウチくる!?』<素敵な街と至福の極上グルメ満喫ツアー in 横浜>で紹介されました。

【テレビ】 土曜ドラマ『ロング・グッドバイ』の撮影が本館ロビー・大階段で行われました。

【テレビ】  『ホテルの窓から』ホテルニューグランドが紹介されました。

【テレビ】  『ノンストップ』総料理長 宇佐神が家庭で作れるナポリタンを実演しました。

平成25年(2013)

【テレビ】 『Nスタ』タワースイートの客室が紹介されました。

【テレビ】 『WILLSELECTION』CM撮影が行われました。

【テレビ】 『dinner』撮影が本館2階ロビーで行われました。

【テレビ】 『朝ズバッ』ナポリタンが紹介されました。

【テレビ】 『スーパーJチャンネル』5社相互直通

      海・汽笛・港ステイ宿泊プランが紹介されました。

【テレビ】 『やじうま!』5社相互直通
      海・汽笛・港ステイ宿泊プランが紹介されました。

第5回アフリカ開発会議(TICAD V)横浜開催に伴い、21ヶ国の首脳令夫人ご出席による
公式昼食会及び夫人プログラムがホテルで行われました。

平成24年(2012)

【テレビ】 『幸福の一皿』ナポリタン特集で紹介されました。

【映画】  『ツナグ』撮影が本館2階ロビーで行われました。

【テレビ】 『新幹線で行く、東京横浜の旅!』で紹介されました。

【テレビ】 『宝くじ』CM撮影が行われました。

【監修】  JALファーストクラス2月の機内食に弊社総料理長監修メニューが採用されました。

平成23年(2011)

【書籍】  横浜の時を旅する(ホテルニューグランドの魔法) 山崎洋子著が出版されました。

【テレビ】 『南極大陸』撮影が本館2階ロビー及びレインボーボールルームで行われました。

【テレビ】 『食彩の王国』-スパゲッティ・ナポリタンの歴史の中で紹介されました。

平成22年(2010)

APEC首脳会議横浜開催 大韓民国 李明博大統領御一行、
及び香港特別行政区政府代表団が宿泊

平成20年(2008)

第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)参加のガボン共和国、南アフリカ共和国、
カメルーン共和国、タンザニア連合共和国がホテルに宿泊

平成19年(2007)

【テレビ】 『華麗なる一族』撮影が本館2階ロビーで行われました。

【テレビ】 『美の壺』クラシックホテルとして特集されました。

開業80周年を記念し、常設コーナー「ニューグランドギャラリー」の設置を行いました。
衛生管理と機能の一層の向上を期し、本館主厨房の全面改修を行いました。
ホテルニューグランド本館が経済産業省の近代化産業遺産に認定されました。

平成18年(2006)

【映画】  『THE有頂天ホテル』の撮影がホテル内で行われました。

平成17年(2005)

【書籍】  4代目総料理長高橋清一が東京新聞に「厨房鉛筆」を一年間連載してまとめた、
      「横浜流ーすべてはここから始まった」を出版。

平成16年(2004)

世界的なハイクラスホテルを手掛けるハーシュ・べドナー・アソシエーツ(HBA)が担当、本館客室をリニューアル。

平成4年(1992)

ホテルニューグランド本館が横浜市認定歴史的建造物に認定されました。

平成3年(1991)

ニューグランドタワー開業

  • レシャンピ風仕上げによるタワースイート完成。
  • フレンチレストラン「ル・ノルマンディ」
    仏人デザイナー ピエール・イヴ・ローション氏のデザインによりオープン。
  • イタリアンレストラン「イル・ジャルディーノ」
    米国人デザイナー ロバート・E・バリー氏のデザインによりオープン。
    「仔牛のカツレツ ミラノ風」、「赤座海老のオーブン焼き」、「タラバ蟹のクリームソース和え」を
    スペシャリティとしてオープン。

昭和39年(1964)

東京オリンピック大会女子選手村食堂料理長に入江茂忠就任。
江の島ニューグランド開設。

昭和34年(1959)

晴海ニューグランド開設。
シルクホテルの経営を受託

昭和27年(1952)

連合国軍による接収解除される。

昭和20年(1945)

連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥、厚木飛行場より
ホテルニューグランドに到着、宿舎とする。スパゲッティ・ナポリタン
プリン・ア・ラ・モード ホテルニューグランドにて誕生。

昭和15年(1940)

川崎ニューグランド開設。

昭和11年(1936)

富士ニューグランド、富士ニューグランドロッジ開業。
仏詩人ジャン・コクトー宿泊。喜劇王チャーリー・チャップリンと共に同船にて帰国。
詩人堀口大學、これを見送る。

昭和9年(1934)

日米親善野球のため来日したメジャーリーグのスタープレイヤー
ベーブ・ルース、ルー・ゲーリック、ジミー・フォックス、レフティ・ゴメスご宿泊。
東京ニューグランド開設。

昭和7年(1932)

喜劇王チャーリー・チャップリンご宿泊。

昭和6年(1931)

米国人俳優ダグラス・フェアバンクス、女優メリー・ピックフォードご宿泊。

ホテル内に、トーマス・クック旅行社出店。
作家大佛次郎が318号室にて執筆活動を始め、およそ10年間滞在。
横浜を舞台とした作品を多く残す。

昭和4年(1929)

軽井沢ニューグランドロッジ開業。
英国皇子グロスター殿下ご宿泊。

昭和2年(1927)

横浜の迎賓館として、ホテルニューグランド(新生グランドホテル)開業。
総支配人は、スイス人アルフォンゾ・デュナン、総料理長はスイス人サリー・ワイル。
開業日、ホテルニューグランドにて横浜のホテル初の結婚披露宴が行われる。
久邇元帥宮、同妃殿下ご宿泊。
横浜シーフードドリア ホテルニューグランドにて誕生。
(ホテルニューグランド50年史より)

大正12年(1923)

関東大震災により、グランドホテル倒壊。

明治42年(1909)

グランドホテル社長ホール氏が日本ホテル組合(現日本ホテル協会)設立を主唱。
(ホテルニューグランド50年史より)

明治6年(1873)

仏人ボンナ料理長 ムラオー氏をパートナーとしてグランドホテルを開業。
(ホテルニューグランド50年史より)

オンライン予約

ご宿泊日(年/月/日)

/ /


ご宿泊人数
(1部屋の人数をご入力ください)

大人 名 



宿泊プラン一覧

ご予約の確認・キャンセル

ご利用日(年/月/日)

/ /

ご利用人数

ご利用店舗



お問い合わせ