ホテルニューグランドトップ > サステナビリティ

サステナビリティ

■トップメッセージ

1927(昭和2)年12月1日、関東一円を一夜にして灰燼に帰した大震災から4年後、ホテルニューグランドは、地元財界の後押しと横浜市民の 熱意により、昭和の幕開けとともに震災復興のシンボルとして誕生いたしました。当ホテルは、開港都市横浜の迎賓館として開業以来、戦争や戦後の接収など数々の苦難を乗り越え、多くのお客様からの温かいご支援のもと、地域の繁栄とともに力強く成長し、日本を代表するクラシックホテルへと発展を遂げてまいりました。
私たちはこのホテルを、横浜市民の財産をお預かりしているという意識のもと、歴史的建造物を維持・保存しながら、これからも皆様のご期待と信頼に応えるべく、「培ったおもてなしの心と、最高のサービスと商品の提供により、国際社会の発展と文化の向上、お客様の満足と幸福に貢献」を企業理念の主文に掲げ、その遂行に日々努力を重ねてまいります。
ホテルニューグランドが、100年200年と未来永劫にわたり持続的成長を実現し、国際都市横浜の一翼を担っていくために、SDGs(持続可能な開発目標)の課題解決は、重要な経営課題と捉えております。当社にとってSDGsへの取組みは、社会課題解決への貢献であるとともに、まさしく創業の精神を受け継ぐ企業理念の実践であり、事業拡大と持続的な企業価値の向上への道筋と考えております。サステナビリティ経営の推進により、持続可能で豊かな社会の実現に尽力してまいります。
今後とも、一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社ホテル、ニューグランド
代表取締役会長兼社長 原 信造

サステナビリティ経営の推進体制

当社は、持続可能な社会の実現に向けて、新たに社長直轄組織となる「サステナビリティ推進室」を設置いたしました。経営トップの強いコミットメントの下、全社レベルでの意思決定組織を設けることにより、サステナビリティ経営推進体制を構築し、事業を通じた社会課題の解決とSDGsの実現を目指してまいります。

SDGs対応を積極的に推進

ホテルニューグランドは、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献すべく、時代の要請に応じた企業活動に取組み、その遂行に努めてまいります。

地域

関東大震災の復興のシンボルとして市民の力により開業した当社は、これからも市民の皆様のご期待に応えるべく、魅力ある地域づくりに貢献してまいります。

  • ・山下公園通りの緑化活動と清掃活動を行い、地域の美化に貢献。
  • ・山下公園通り会の一員として、横浜開港の歴史文化の継承と地域の魅力発信イベント「ハマフェス」の運営に積極的に参加し、国際都市横浜の持続的な成長に寄与。
  • ・横浜市中区の加賀町消防団に入団し、地域の防災力向上に貢献。


環境

地球環境の保護のためCO2削減と資源再利用に努めるとともに、すべての人が安心して生活できる環境づくりに協力してまいります。

  • ・客室内にタオル交換不要のエコプレートを設置し、環境保全のご協力を推進。
  • ・エコキャップ運動(ペットボトルキャップの分別回収)でCO2削減と再資源化を推進。
  • ・プラスチック製ストローを廃止し、植物由来の自然循環型樹脂ストローに変更。
  • ・ひとり親世帯の支援と食品ロス削減を目的に、レトルトスープ2,560食を寄贈(2020年8月)。
  • ・生活困窮者支援団体への中間支援組織と業務提携し、廃棄予定アメニティなどをご提供させていただくことで、資源循環の輪に加わりエシカル消費を推進。


人材

お客様に愛される企業であるとともに、誰もが働きやすく働き甲斐のある企業を目指し、人材育成に努めてまいります。

  • ・お客様に笑顔を届ける接客に繋げるため、社内投票制の「あなたの笑顔いいねキャンペーン」を実施し、毎年優秀者を表彰。
  • ・自己啓発やキャリアアップの促進と専門分野におけるサービス・技術の向上を目的に、資格取得制度を設け、会社が推奨する資格を対象に受検料の補助や報奨金を支給。
  • ・女性が働きやすい環境をつくるため、育児休暇・看護制度や時短勤務制度を整備し、育児休暇取得率100%を達成。
  • ・女性社員の能力開発を促進する「HOTEL WOMEN FORUM(一般社団法人日本ホテル協会主催)」に、積極的に女性社員を派遣し、将来のリーダーシップを担うべく人材育成を促進。

ご予約・お問い合わせ

みなとみらい線「元町・中華街駅」
1番出口より徒歩1分
JR根岸線「石川町駅」徒歩13分